節約

国内空港ラウンジの利用やETCの年会費が無料になるというメリットがある「楽天ゴールドカード」ですが、保険も充実しています

今回はそんな楽天ゴールドカードの保険についてお伝えします。

>>【楽天ゴールドカード】の詳細はこちら

楽天ゴールドカードの保険は6つも補償が付いてくる!

節約

「楽天ゴールドカード」の保険として注目されているのが海外旅行傷害保険(利用付帯)。

この海外旅行傷害保険(利用付帯)には6つの補償がついてきます。

● 携行品損害

海外旅行で自己所有物が盗難や破損、火災などの偶然の事故によって損害を受けた場合、携行品1つあたり10万円を限度として時価または修繕費を保険会社から支払ってもらえる。

ただし、免責金額の3000円は自己負担。

● 疾病(病気)治療費用

海外旅行中に病気になって医師の治療を受け治療費用を支払った場合、かかった治療費用を200万円を限度として保険会社から支払ってもらえる。

● 傷害(ケガ)治療費用

海外旅行中に事故によりケガを負って医師の治療を受け治療費用を支払った場合、治療費用を200万円を限度として保険会社から支払ってもらえる。

● 救援者費用

海外旅行中に遭難したり、ケガや病気で7日以上継続入院した場合、捜索や救助のために支払った費用や家族が現地に駆けつけるために支払った航空運賃やホテル代を楽天ゴールドカードの会員資格期間中1年ごとに通算200万円を限度として保険会社から支払ってもらえる。

● 賠償責任

海外旅行中に誤って他人にケガをさせてしまったり、他人の物を壊してしまったり、あなたが法律上の損害賠償責任を負って支払った賠償金を1回の事故につき2000万円を限度として保険会社から支払ってもらえる。

● (傷害)死亡後遺障害

海外旅行中に遭遇した事故によるケガのため命を落としてしまったり、命はとりとめたものの後遺障害が残ってしまった場合に、あなたの生命や障害の状態に応じて最高2000万円を保険会社から支払ってもらえるというもの。

>>今すぐ【楽天ゴールドカード】に申し込む方はこちら

節約

これだけの補償があると、安心して海外に行けますよね?

ただ、気をつけなければいけないのが、楽天ゴールドカードは「利用付帯」だということ。

この6つの補償がついた海外旅行傷害保険を利用する為には、日本を出国する前に公共交通乗用具または募集型企画旅行の料金を楽天ゴールドカードで支払うことが必要になります。

つまり、海外旅行の費用を楽天ゴールドカードを利用して支払った場合にだけ、海外旅行保険が付帯適用されることになります。

節約

海外旅行傷害保険が付帯適用される補償期間は、日本を出発してから3ヶ月後の午後12時まで、もしくは旅行終了(帰宅)後72時間以内!

ですから、3ヶ月以上の長期間の海外旅行をする場合には注意が必要です。

>>【楽天ゴールドカード】の詳細はこちら

まとめ

「楽天ゴールドカード」の海外旅行保険には十分な補償がついてきます。

ただ、旅行の支払いを楽天ドールドカードですることが保険適用の条件となりますので、この点は気をつけましょう、

また、3カ月以上の長期旅行の場合も、補償期間を超えてしまうことがあるので注意しましょう。

>>【楽天ゴールドカード】の詳細はこちら

【関連記事】

>>【空港ラウンジが無料で使える!】楽天ゴールドカードのメリット

>>【比較】楽天カードvs楽天ゴールドカード!ラウンジ(プライオリティパス)の特典があるのは!?

>>【月5,000円以上貯まる】節約におすすめの最強クレジットカード

>>クレジットカード使わないと絶対損!節約のカード払い・現金払い

>>【親に負担をかけたくない大学生必見】一人暮らしのコツと節約術

>>【月収13万で1000万貯金】シングルマザー