節約

家計簿の付け方がイマイチ良く分からない

家計簿って事後処理の気がして面倒くさい

自分の家計簿の付け方が合っているのが良く分からない

節約する上で欠かせない家計簿ですが、こんな悩みを持っている人も多いと思いのではないでしょうか?

ここでは、「家計簿を付ける意味」「家計簿の書き方」「節約をしている人のリアルな家計簿内訳」「無料のおすすめ家計簿アプリ」などについてみていきたいと思います。

「月5,000円以上収入を増やしたい!」という人は下記をクリック♡↓ 節約
スポンサーリンク

家計簿って何でつけるの?家計簿の意味は?

節約

家計簿って正直つまらないですよね?

日々の支出を記録していく単純作業で楽しくないですし、数日記録しないで入ると(やばい、日にちが空いちゃってる。。)と変な焦りまで感じます。

月々の支出合計やお金の推移を見てもなんだかピンッとこないですし、しまいには「もう、やーめたっ」ってなっちゃいますよね?

でも、そんな時は「家計簿をつける意味」について考えてみるといいかもしれません。

そもそも家計簿は、家計の実態を把握する為のもの。

赤字などの問題点があれば否応なしに数字となってその事実が突きつけられます。

数字としてみることで、今までなんとなく見過ごしてきた家計と向き合わざるを得なくなります。

そして、実は家計簿をつける本当の意味は付ける行為そのものにあるのではなく、「節約や貯蓄をしなければならないという意識」にあるのだと思います。

そうなると、フォーカスは「今月はいくら使ったか」ではなく節約や貯蓄をする為に「今月はいくら使えるか」にいくようになります。

結局、出でしまったお金の額をカウントしたところでお金は戻ってきませんしね。

それよりは、給料日から次の給料日まで「いくら使えるのか」を考えてやりくした方が確実にお金が貯まります。

そして、次の流れで家計簿をつけていくと、「今月はいくら使えるか」によりフォーカスすることができます。

1. 給料日に給料内で予算を作る

月々10万円でやりくりするなど曖昧な計画はなく、次のようにきちんと項目に分けて仕分けをします。

● 貯金:○円

● 家賃:○円

● 光熱費:○円

● 食費○円

● 洋服代:○円

● 娯楽費:○円

● 交通費:○円

● 交際費:○円

2.100円以下の数字はカットして「ざっくり」と支出をつける

そして、予算通りにお金は使えているのかを、実際のお金と比べてみる。

予算をオーバーしたなら、なぜ予算オーバーしたのか?予算の設定は正しかったのか?

何か予測しきれていなかった部分があるのか?を自分なりに分析してみます。予算が下回った場合でも、予算の設定が適切だったのか、を振り返ってみましょう。

予算管理がちゃんとしてない人は、欲しくなったから買う・なんとなくお得そうだから買うなどと無計画に買ってしまいます。

それだと、お金の支出をいくら正確に記録しても、意味がありませんよね?

なので、給料を手にした日に「今月は何にいくら使えるのか」を明確にし、管理していく必要があるのです。

つまり、家計簿をつけるのも家計簿の結果を分析するのも、全ては「予算を立てて実行する為」に行っているのです。

スポンサーリンク

節約をしている人の家計簿の内訳を大公開!

節約

では、実際に節約できている人の家計簿をみていきましょう。

夫婦二人のご家庭

手取り収入   300,000万円

食費      45,000円
住居費     75,000円
水道光熱費   15,000円
通信費     18,000円
保険料     12,000円
趣味・娯楽費   9,000円
被服費      9,000円
交際費      6,000円
日用品・雑費   6,000円
小遣い(夫婦計) 36,000円
その他      9,000円
貯蓄      60,000円

支出合計  300,000円

夫婦二人+小さい子供のご家庭

手取り収入   250,000円

食費      35,000円
住居費     63,000円
水道光熱費   15,000円
通信費     12,000円
保険料     15,000円
趣味・娯楽費   5,000円
被服費      8,000円
交際費      5,000円
日用品・雑費   5,000円
小遣い(夫婦計) 25,000円
教育費     25,000円
その他      7,000円
貯蓄      30,000円

支出合計  250,000円

夫婦二人+中高生の子供のご家庭

手取り収入   300,000円

食費      45,000円
住居費     75,000円
水道光熱費    18,000円
通信費     18,000円
保険料     18,000円
趣味・娯楽費   6,000円
被服費      9,000円
交際費      6,000円
日用品・雑費   6,000円
小遣い(夫婦計) 30,000円
教育費     36,000円
その他      9,000円
貯蓄      24,000円

支出合計  300,000円

単身者(一人暮らし)のご家庭

手取り収入 200,000円

食費      36,000円
住居費     56,000円
水道光熱費   12,000円
通信費     12,000円
保険料      8,000円
趣味・娯楽費   8,000円
被服費      6,000円
交際費     10,000円
日用品・雑費   6,000円
その他     12,000円
貯蓄      34,000円

支出合計  200,000円

単身者(親と同居)のご家庭

手取り収入 200,000円

食費      30,000円
住居費        0円
水道光熱費      0円
通信費     10,000円
保険料      8,000円
趣味・娯楽費  10,000円
被服費      8,000円
交際費     10,000円
日用品・雑費   4,000円
家に入れる分  40,000円
その他     10,000円
貯蓄      70,000円

支出合計 200,000円

いかがでしょうか?

どの家計も似た様なバランスで家計の仕分けをされていますよね?

ちなみに、これらの家計簿の内訳は、以前NHKの「あさイチ」で紹介され話題になった「家計の黄金比率」に非常に近いものがあります。

「家計の黄金比率」は借金家計を立て直してきたフィナンシャルプランナー・横山光昭氏がおすすめする貯蓄するための家計のバランスなのですが、次の様な配分になります。

【家計の黄金比率】

● 住居費:25%

● 食費:15%

● 水道、光熱費:6%

● 通信費:5%

● 小遣い:8%

● 生命保険:4%

● 日用品:2%

● 教育費:4%

● 被服費:2%

● 預貯金:18%

貯蓄を確保するにはやはり収入に見合ったお金のかけ方があるようです。

内訳の配分も現実的ですし、これなら無理なく節約・貯蓄できそうですね。

一度、ご自身の家計を元に黄金比率を出してみると、より具体的な数値が出てきて、節約と貯金を実行しやすくなりますよ!

簡単で長続きする家計簿の書き方のコツ

節約

家計簿の目的は家計簿をつけることそのものではなく、「今月は何にいくら使えるのか」を明確にして予算を立てて実行していくことです。

その為、記録することだけにエネルギーを使っては意味がありません。

家計簿管理を長続きさせるためのコツはずばり支出を「ざっくり」記録すること。

お金を貯めるという目的においては、ざっくり記録することこそが「いい家計簿の付け方」ということになります。

「あれ?30円足りない」「この215円ってなんだっけ?」の様なことはスルーして、出費に関しては大まかな金額を把握する方が大事になります。

きっちりした性格だと大雑把に記録していくのに抵抗があるかもしれませんが、「目的は節約して貯金をすること」と割り切って、大体の出費額を元に分析し、改善点を見つけましょう。

そして、何よりも給料を手にした時に、項目ごとにきっちり予算を立てて実行することにエネルギーを費やしましょう。

エクセル家計簿の付け方

節約

エクセルで家計簿を管理していこうと考えている人も多いと思いますが、実はエクセルでの管理の仕方も非常にシンプルです。

ここでは、nanapiで紹介されている家計簿を参考に、自分で作れるエクセル家計簿についてみていきたいと思います。

用意するもの

● PC

● エクセル(どのバージョンでもOK)

● 取っておいたレシート

エクセル家計簿の作成方法

1.エクセルを立ち上げ、シートに【1月】など月の名前を付けます(1シート1ヶ月として作成します)

2.シート上部には、年月と月の収入・給与と固定(水道光熱費、家賃等)の支出を記入します。

節約

3.シート中部には、毎日の支出を大まかに分けて入力します。

列は『レシート単位』に作成するので、レシートが複数ある場合は列を追加して入力してください。

また、毎日の支出の一番下には『合計』欄を作成し、月を〆る時に合計しておきましょう。

節約

4.シート下部には、支出の合計(固定費+毎日の支出)と差し引き残高を入力します。

 ※自動計算の式を入れておくと、毎日の入力の手間が省けます

節約

いかがでしょうか?

非常にシンプルですよね?

自動計算などの式を利用すれば勝手に計算してくれますし、1日分の入力も5分あればできちゃいますね♪

参照:nanapi

【無料】おすすめ会計ソフト「うきうき家計簿」

手軽に入力できるフリーの家計簿ソフトとして人気なのが「うきうき家計簿」。

100万回以上もダウンロードされ、多くの人に使われています。

簡単な操作で手軽に入力できるフリーの家計簿ソフトで、支出・収入額を約20項目に分類し、1日や1週間、1カ月といった期間で家計を管理できます

支出や収入額を項目別、月別のグラフで表示することもでき、年間の支出額を月ごとに比較したいときや、光熱費などの項目ごとの年間支出額を調べたい時に非常に役立ちます。

最近はオンライン化もされ、外出先のパソコンや携帯電話からも家計入力が可能になりました。

支出をきちんと管理して、家計簿を見直したいという人にはおすすめです。

>>ダウンロードはこちら☆

>>オンラインで使いたい人はこちら☆

【無料】おすすめ家計簿アプリ

ここでは、家計簿として人気の無料おすすめアプリをご紹介します。

人気No.1「Zaim」

節約

400万人が利用していて、使った人の84%が「これなら続けられる」と答えた人気の家計簿アプリです。

クラウドサービスなのでもウェブブラウザだけでなく、iPhoneでもAndroidでも使うことができます。

レシートをパシャッと撮影することによって自動的にレシートが読み取りされるので、レシートをいちいち入力する手間が省けます。

>>iPhoneからダウンロードする場合はこちら☆

>>Androidからダウンロードする場合はこちら☆

簡単!こづかい帳

節約

お小遣い帳アプリとして一番人気がこのアプリ!

見た目も通帳みたいにシンプルなので簡単に操作できますし、買い物をしたその場でサクッと記入できちゃいます。

日常・特別な日・クレジットカードの利用など、3種類の収入・支出を管理できるのも特長です。

過不足ない機能が揃っていて、長年使い続けている人も多いです。

>>iPhoneからダウンロードする場合はこちら☆

>>Androidからダウンロードする場合はこちら☆

自分に合った家計簿をつけ始めると、節約や貯蓄へのモチベーションが上がって、家計簿を記録したり、節約や貯金をするのが楽しくなりますよ!

まとめ

家計簿はつけっぱなしでは意味がなく、家計簿をつけることによって出た数字を持って分析し、予算を立てて実行することに意味があります。

自分に合った家計簿を見つけて、楽しみながら分析・予算立て・貯蓄をしてみてくださいね☆

「月5,000円以上収入を増やしたい!」という人は下記をクリック♡↓ 節約
スポンサーリンク